簿記3級を目指せ!2

就職や転職で一般職に就こうとするなら、やはり簿記の資格は必要でしょう。

簿記とは企業や商店のの経済取引の管理をし、それと共に、その内容を記録するための記帳方式のことです。

簿記は1級から4級までの階級に分かれており、それぞれに資格試験が存在します。1級ともなれば、会計士や税理士レベルと言われるほどのもの。

一般的に3級の資格を持っていれば、就職活動も有利に運ぶかもしれません。

簿記3級は財務担当者に必要な基本知識を身につけると共に、取引先企業の経営状況も理解できるようになる事を目指します。

会社が人材を雇用する際、簿記の資格の有無に重点を置いているところは多いものです。パソコンで経理の管理が出来る時代といえども、その数字の仕組みが理解できていることは常用。

また、大学や、短大の推薦入試の基準などにも、簿記資格の有無は採用されています。新しいところでは、日商簿記2級合格者が授業料を免除されるという大学も出てきているようです。

数字の仕組みを学ぶことは世の中の仕組み、経済を見るときにとても解りやすくなるもの。

トータルな意味合いで有望な学生という判断がされるのでしょう。



住宅ローン 借り換え

関連記事

  1. 旅行業務取扱管理者 2
  2. 旅行業務取扱管理者 1
  3. 立花えりかの童話塾
  4. 簿記3級を目指せ!2
  5. 簿記3級を目指せ!2
  6. 暮らしの書道
  7. 日本語文章能力検定 2
  8. 日本語文章能力検定 1
  9. ニーズが高い、調理師
  10. 不動の人気、宅地建物取引主任者 2


TOPPAGE  TOP