女性に人気の資格:カテゴリー

保育士

どんなに時代が変わっても、女の子の憧れの職業は保母さん、幼稚園の先生っていうのがずっと上位を占めています。

今ではその名も「保育士」と呼ばれるようになり、年々男性の保育士さんも増えています。時代と共に保育園に通う子供は増え続けています。

少子化傾向にあるから、先の望めない職業というのはまったくの誤解です。待機児童が大勢いる保育園。女性の社会進出も影響していますが、子供を抱えて働かなければならないシングルマザー、シングルファーザーも増加しているのです。保育士のニーズは減るどころか増え続けている現状です。

保育士を目指す人は、短大や専門学校へ行って2年間勉強し、資格を取得するというケースが主でしょう。しかし、ユーキャンの保育士講座なら、基礎から勉強できて、しかも12ヵ月で十分に資格試験に合格する準備ができます。

保育士の資格試験では、筆記試験に合格後、実技試験を受けなければなりません。音楽・絵画・言語の中から希望する2科目を選び、受験をします。

テキストではクリアしにくい実技試験の内容でも、ユーキャンの保育士講座には1科目に1本のビデオ教材が用意されています。イメージがつかみやすい勉強方法です。


女性の視点が生かせる仕事、インテリアコーディネーター

新しく家を新築する際、各お部屋の内装を決めるのは圧倒的に主婦。家族の中では女性が多いそうです。

キッチンはもちろん、リビングや子供部屋さえもその住まいの主婦の方の要望がとても反映されるもの。その反面、自分ではうまくコーディネートできないといった悩みも多く聞かれるのです。

住まいの空間をより快適に過ごせるように、住民に代わってプロデュースするのがインテリアコーディネーターの仕事。インテリアの専門家であり、女性ならではの視点がお客様の共感を呼び、感動を提供していけることでしょう。

部屋の環境や希望、予算など、お客様の要望は様々です。その要望にそって、プロの立場からアイディアをアドバイスし、空間を作り上げていく。なんてクリエイティヴな職業でしょう。

また、インテリアコーディネーターが求められるのは、住宅だけではありません。店舗や事務所、学校など、その可能性はとどまる事なく広がり続けています。

今やファッションや食の世界の流行りを決めて行くのはほとんどが女性客。あなたのそのセンスが十分生かされる時代です。


憧れは、インテリアコーディネーター

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の教材には、テキストの他にビデオがついています。

特にインテリアコーディネーターというのはその職種柄、文字だけより視覚で覚えたり判断することが重要ですから、まったくの初心者でも安心です。

活字のみのテキストとは違い、動画を追うことでイメージをつかみやすくし、いっそう解りやすくなっていますので楽しみながら受講することが出来るのです。資格取得に向けた具体的な目標もたてやすいのです。
テキストの方も、日々改編を重ねていますので、法改正や試験制度の変更があった場合も安心です。
サポート体制も万全です。解らないことは何度でも質問してください。質問は郵便、FAXの他に、メールでも受け付けています。ご自分のライフスタイルや状況によって、疑問をスムーズに解決することが可能です。

資格試験など、全国一斉に行う試験では、その年ごとに、試験の方法や使う道具などが微妙に変わったりすることも珍しくありません。

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座を受講している期間は、試験情報を定期的に提供しています。

テキストや教材には反映されにくい、試験の時事情報などもきちんとキャッチできます。在宅での勉強といえども、孤独に学ぶのとはちょっとニュアンスが違います。


TOPPAGE  TOP