女性の視点が生かせる仕事、インテリアコーディネーター

新しく家を新築する際、各お部屋の内装を決めるのは圧倒的に主婦。家族の中では女性が多いそうです。

キッチンはもちろん、リビングや子供部屋さえもその住まいの主婦の方の要望がとても反映されるもの。その反面、自分ではうまくコーディネートできないといった悩みも多く聞かれるのです。

住まいの空間をより快適に過ごせるように、住民に代わってプロデュースするのがインテリアコーディネーターの仕事。インテリアの専門家であり、女性ならではの視点がお客様の共感を呼び、感動を提供していけることでしょう。

部屋の環境や希望、予算など、お客様の要望は様々です。その要望にそって、プロの立場からアイディアをアドバイスし、空間を作り上げていく。なんてクリエイティヴな職業でしょう。

また、インテリアコーディネーターが求められるのは、住宅だけではありません。店舗や事務所、学校など、その可能性はとどまる事なく広がり続けています。

今やファッションや食の世界の流行りを決めて行くのはほとんどが女性客。あなたのそのセンスが十分生かされる時代です。

関連記事

  1. 旅行業務取扱管理者 2
  2. 旅行業務取扱管理者 1
  3. 立花えりかの童話塾
  4. 簿記3級を目指せ!2
  5. 簿記3級を目指せ!2
  6. 暮らしの書道
  7. 日本語文章能力検定 2
  8. 日本語文章能力検定 1
  9. ニーズが高い、調理師
  10. 不動の人気、宅地建物取引主任者 2

トラックバック

 トラックバックURL:http://mibu.s280.xrea.com/mt/mt-tb.cgi/3


TOPPAGE  TOP