食育の時代のニーズ、管理栄養士 1

栄養士と管理栄養士は、別々の資格でありながら、その区分は非常に曖昧とされていました。

これまでの栄養士法では、栄養士は「栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者」とし、それに対して管理栄養士は「栄養士の業務を行う者であって、複雑又は困難なものを行う適格性を有する者として登録された栄養士」と位置づけられていました。

これを近年の改正で、管理栄養士が行う「複雑又は困難」な業務のことという記述が「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導をする」業務と明確に定義付けがされたのです。

この法改正の背景には、近年の国民の生活習慣病の増加にある、とされています。

がんや糖尿病などの、食事療法が有効な治療法である病気の増加により、傷病者への栄養指導の専門知識を持った資格者のニーズが、増えてきているのです。

管理栄養士の資格は国家資格。国民生活病だけではなく、今、時代は食育!小さな子供の頃からの栄養士のニーズが、結果的に大人になったときの生活習慣病を軽減する手立てとなるのです。

全国どのこでも、その資格を就職や転職に活かすことができ、年齢を問わず活躍できる職業です。


チャットレディ 顔出しなし net/page3



関連記事

  1. 旅行業務取扱管理者 2
  2. 旅行業務取扱管理者 1
  3. 立花えりかの童話塾
  4. 簿記3級を目指せ!2
  5. 簿記3級を目指せ!2
  6. 暮らしの書道
  7. 日本語文章能力検定 2
  8. 日本語文章能力検定 1
  9. ニーズが高い、調理師
  10. 不動の人気、宅地建物取引主任者 2


TOPPAGE  TOP